「ほっ」と。キャンペーン

タマムシサンゴアマダイ

運が良かったとしか、言いようがありません。

b0164920_2346522.jpg


今年最後の柏島へ行ってきました。

台風並みの強風で、海に潜ったのは2日間ですが、代わりに四万十川のリバーダイブにいけたり、コスモス祭りに行けたりと、なかなか楽しかったです。

柏島での最終日、風も止み、浅瀬はちょっとうねりがありましたが、柏島での人気ポイントへ。

Mちゃんと、Yちゃんのダブルガイドで、お客は3人。
私は最初はMちゃんガイドで、ちょっと深いところまで行く予定でした。
でも潜行してカメラの設定ミスに気付き、それを直したら、今度は自分の耳の抜けの悪いことに気付きました・・・

あまり無理をしない方がいいと思ったので、急遽Yちゃんのチームに混ぜてもらうことになりました。

スジクロユリハゼを紹介され、撮ろうとカメラを構えた瞬間。

『ちりりりりりりりりー、ちりりりりりりりりー』と音が鳴りました。
とりあえず、スジクロを撮ってからにしようかと思ったら、
「そんなのはどうでもいい」と言わんばかりに、再び音がしました。

ダークバスターの光の先には、水色のキレイな魚が。
Yちゃんは、Mちゃんに聞こえるように、ずっとチリチリ鳴らし続けていました。

この状況は、ただごとではないんだ、すごい魚が見つかったんだと判断しました。

そこからは無我夢中で追いかけて写真を撮りました。

一度穴の中に引っ込んでしまいましたが、すぐに出てきました。

Mちゃんチームが来ないので、再び必死に写真を撮ります。
声は聞こえないけど、Yちゃんの表情が「どう?撮れた?写真」と問いかけてきます。

その表情を見て、やっぱりこれは、すごい状況なんだぁ~~と実感。
撮って~~というプレッシャーを目の当たりにして、ビビリながらシャッターを押してました(^^;

写真はとりあえず、抑えたけど、パソコンで見ないと分からないので、写真を見るまではホントにドキドキでした。

この魚は本当にレア物らしく、柏島では初らしいです。伊江島や久米島では見られるそうですが、45~60mと深い所にいるようです。

その日は、3本とも同じポイントで潜ったようですが、このコに会えたのは1本目のダイビングだけでした。

撮れてて良かった~~~。(写真も今日は少し大きめにしてみました☆)





b0164920_238184.jpg


シャッタースピードが遅く、絞りも少し開いた状態で、出来としては微妙なところですが、せっかくなんで載せてしまいます。

ホントに運が良かったとしか言いようがないです(^^;
[PR]

by kazumi_42 | 2009-11-05 00:24 | ダイビング  

<< ダテハゼ アオサハギの幼魚 >>